言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

交通機械工学科

研究者リスト >> 赤間 誠
 

赤間 誠

 
アバター
研究者氏名赤間 誠
 
アカマ マコト
URL
所属大阪産業大学
部署工学部交通機械工学科
職名教授
学位Doctor Engineering(Tohoku University), 博士(工学)(東北大学)
科研費研究者番号70425867
J-Global ID201301098055797812

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料 / 

学歴

 
1995年4月
 - 
1998年3月
東北大学大学院 工学研究科 機械知能工学専攻
 
1995年4月
 - 
1998年3月
東北大学大学院 工学研究科 機械知能工学専攻
 
1980年
 - 
1982年3月
東北大学大学院 工学研究科 機械工学専攻
 
1980年
 - 
1982年3月
東北大学大学院 工学研究科 機械工学専攻
 
1976年4月
 - 
1980年3月
東北大学 工学部 機械工学科
 

委員歴

 
2006年10月
   
 
日本非破壊検査協会  規格NDIS 3426:2007電位差法による厚さ及びき裂寸法測定方法通則 委員
 
1996年4月
 - 
2002年3月
原子力構造機器信頼性評価への確率論的破壊力学の適用法に関する調査研究  調査委員
 

論文

 
 
髙橋 優雅   赤間 誠   
トライボロジスト   67(8) 567-580   2022年8月   [査読有り]
列車は一般的に折り返し運転を行い,終着駅に到着すると進行方向が逆になるため,車輪の転がり方向も逆になる。そのため車輪の回転方向を反転させることで,車輪踏面のき裂進展や摩耗がどのように変化するかを調べることは重要である。本研究では,転がり接触疲労(RCF)き裂および摩耗の挙動に及ぼす影響を調べるため,様々な条件下で二円筒摩耗疲労試験を実施した。また,これらの試験結果を明らかにするため,有限要素解析(FEA)を実施した。潤滑条件下では,すべり率1%の場合,車輪試験片の転がり方向を逆転させると累...
 
赤間誠   松原聖   
日本計算工学会 論文集   (20200017)    2020年9月   [査読有り]
鉄道レールのシェリングは、列車の車輪が繰り返し通過することにより発生する表面の転がり接触疲労き裂である。本研究では、シェリングの水平裂の進展について数値シミュレーションを実施した。成長は、ヘルツ接触圧が負荷される2次元傾斜き裂の応力拡大係数(K値)の境界要素解析に基づいて行った。このような2次元き裂を複数並列に配置し、その先端を結ぶことで、3次元半楕円水平裂のK値を近似的に求めることができる。この方法は、完全な3次元で解析された方法と比較して、計算速度で優位性がある。進展はモードI/II及...
 
Makoto AKAMA   Takafumi KIMATA   
Wear   448-449(15)    2020年1月   [査読有り]
A numerical model is developed to simulate the competition between RCF-initiated short crack propagation and wear in a wheel tread. The crack is assumed to initiate when the total accumulated plastic shear strain reaches the critical value. In the...
 
Makoto AKAMA   Akira KIUCHI   
Applied Sciences   9(14)    2019年7月   [査読有り]
Rolling contact fatigue cracks in rail and wheel undergo non-proportional mixed mode I/II/III loading. Fatigue tests were performed to determine the coplanar and branch crack growth rates on these materials. Sequential and overlapping mode I and I...
 
赤間 誠   村橋 守   
鉄と鋼   105(6) 70-81   2019年6月   [査読有り]
転がり接触疲労(RCF)によるき裂発生・成長とレール頭部の摩耗間の競合を解析する数値モデルを開発した。このモデルは、き裂は累積塑性せん断歪みが限界値に達すると発生すると仮定した。短いき裂の成長はHobsonモデルによって計算し、摩耗はArchardモデルを採用した。開発したモデルの妥当性を検証するため、二円筒転がり-滑り接触疲労試験を行った。これらの試験条件下で、開発したモデルを使用してシミュレーションを行い、結果を比較した。き裂が非金属介在物/フェライトとフェライト/パーライト境界でほぼ...

MISC

 
 
赤間 誠   
トライボロジスト   47(8) pp.629-635   2002年8月   
転がり接触疲労き裂について、種々の計算力学的手法によってK値を求めた論文のサーベイ論文。
 
石塚弘道   赤間誠   
材料   50(3) pp.329-334   2001年3月   
鉄道車両の構造部材への信頼性工学の適用例。
 
赤間誠   矢川元基   関東康祐   吉村 忍   
機械の研究   52(9) pp.932-939   2000年9月   
確率論的破壊力学の基礎と種々の産業分野における適用例のまとめ等。
 
赤間誠   矢川元基   関東康祐   吉村 忍   
機械の研究   52(8) pp.824-832   2000年8月   
確率論的破壊力学の基礎と種々の産業分野における適用例のまとめ等。

書籍等出版物

 
 
赤間誠, 阿部豊, 石塚弘道, 于強, 織田伸吾, 加藤肇彦, 河本洋, 小熊規泰, 酒井達雄, 桜井茂雄, 佐藤憲一, 白木渡, 白鳥正樹, 鈴木誠, 坪井学, 服部成雄, 藤山一成, 吉永隆治, 吉村達彦(担当:共著)
養賢堂   2008年11月   (ISBN:9784842504452)   
信頼性工学の基礎概念・基礎理論・試験及び設計法など、実製品の信頼性保証技術が纏められており、産業界の現場で実際に信頼性工学を応用する際に必要となる具体的な応用手法を中心テーマとしている。私の担当部分では、新幹線電車車軸の輪座で発生するき裂の不確かな進展速度の値を評価するために、ベイズ解析を行なった。その結果、破壊確率のより信頼性のある値が得られた。
 
M. Akama, H. Ishizuka, E. Andersson, H.V.Bahr, E.Berg, H.Bj?rck, J.Blomerius, A.H.Kaas, J.Madejski, J.Grabczyk, L.Hhoudour, D.Dooze, J.L.Bruyelle, A.Filip(担当:共著)
WITPRESS   1999年   (ISBN:1853127841)   
鉄道の安全性は、特に最近の高速鉄道における速度向上により、関心が高まっている。そこでこの本は、各国の専門家による広範囲にわたる安全性の評価手法の適用例を含んだものである。第一章は私による確率論的破壊力学の新幹線車軸への適用、第二章はステンレス車体の衝突解析、第三章はドイツ浮上式鉄道トランスラピッドの安全性技術などが収録されている。

講演・口頭発表等

 
 
髙橋 優雅   
日本機械学会 関西学生会2020年度学生員卒業研究発表講演会   2021年3月16日   日本機械学会   
鉄道車両は運用中に様々な損傷を受ける.その中でき裂と摩耗は車輪の寿命を決定することが知られている.本研究では,車輪の転がり方向逆転によるき裂と摩耗の挙動への影響を研究するため,西原式二円筒摩耗試験機による試験及び有限要素法(FEM)を用いた数値解析を実施した.
 
赤間誠   WANG Wutong   塚原真宏   三阪佳孝   松田伸也   酒井達雄   
信頼性シンポジウム講演論文集   2021年   
新幹線車軸は疲労強度向上のため,高周波表面焼入れを行っており,平均寿命はほぼ10^9回転に達する。本研究では,焼入れ車軸鋼の10^9回転までの回転曲げ疲労試験を行い,同時に表面硬化層を考慮したFEM応力解析によって,試験結果を解明する。
 
高橋優雅   赤間誠   
日本トライボロジー学会トライボロジー会議予稿集(CD-ROM)   2021年   
 
赤間 誠   
トライボロジー会議2020秋 別府   2020年11月12日   日本トライボロジー学会   
鉄道車輪は運用中に様々な損傷を受ける.その中で摩耗は,車輪の寿命を決定する最も重要な損傷の一つである.本研究では,潤滑条件下で車輪の転がり方向の逆転が摩耗挙動にどのような影響を及ぼすかを研究するため,二円筒摩耗試験機による一連の摩耗試験と,有限要素法(FEM)を用いた実験のシミュレーションを実施した.
 
赤間 誠   
第19回破壊力学シンポジウム   2019年11月20日   日本材料学会   
この研究では,非比例モードI/II及びI/III負荷サイクルから得られたき裂進展速度のデータを,適切な応力拡大係数(K値)範囲を使用して整理した.さらに有限要素解析(FEA)を実施して,これら負荷サイクル下でのき裂先端付近の応力場を求めた.得られた応力を二つの非比例混合モード負荷でのき裂進展方向を予測する基準に使用し,対応する実験結果のき裂進展方向を検討した.

所属学協会

 
2018年4月
 - 
2018年12月
日本鉄鋼協会
2015年
 - 
現在
日本音響学会
2017年8月
 - 
現在
自動車技術会
 
   
 
日本計算工学会
 
   
 
日本材料学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 

産業財産権

 
 
赤間誠   中島省吾   
熱応力に対する安全性がより高く、軽量化を図ることができる一体圧延形の鉄道車両用車輪である。ボス部と曲板部の接合部のうち、フランジ側ボス近傍曲線がボス大径端外周接続面の輪郭線に滑らかに接しており、フランジ側ボス近傍曲線の曲率半径は大きく、ほぼ平面に近い。このため、輪重と横圧が作用した場合、または輪重と背面横圧が作用した場合でも、フランジ側ボス近傍曲線の部分には応力集中はほとんど発生せず、車輪の強度が向上し、安全率が高くなっている。
 
桐村勝也   木川武彦   町田洋人   木本栄治   赤間誠   
鉄道車輪の表面に示温塗料を塗装し、この塗膜が車輪の異常加熱によって起こる変色、はくり等の熱劣化状態から、車輪の異常加熱を、目視により検知する。
 
赤間誠   木川武彦   木本栄治   
車輪の形状最適化の方法及び装置において、踏面ブレーキにより生じる熱応力を解析し、その分布が均一である場合に、輪重・横圧によって生じる機械的応力を解析し、これが設定応力を満たしている場合に、そのときの形状を車輪の最適形状とする。

研究テーマ