言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

情報システム学科

研究者リスト >> 中山 雅人
 

中山 雅人

 
アバター
研究者氏名中山 雅人
 
ナカヤマ マサト
URLhttps://aspl.ise.osaka-sandai.ac.jp/
所属大阪産業大学
部署デザイン工学部情報システム学科
職名教授
学位学士(工学)(近畿大学), 修士(工学)(和歌山大学), 博士(工学)(立命館大学)
その他の所属工学研究科
科研費研究者番号90511056
J-Global ID201601002814105918

研究キーワード

 
計測工学 ,知的ロボティクス ,知能情報学 ,ヒューマンインタフェース・インタラクション ,知覚情報処理

研究分野

 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学 / 電気電子工学
  • 情報通信 / ヒューマンインタフェース、インタラクション / 人間情報学

経歴

 
2023年9月
 - 
現在
大阪産業大学  副学長 
 
2022年4月
 - 
現在
大阪産業大学 デザイン工学部 教授 
 
2019年4月
 - 
現在
大阪産業大学大学院 工学研究科 博士前期課程 専攻担当教員 
 
2018年4月
 - 
2022年3月
大阪産業大学 デザイン工学部 准教授 
 
2020年4月
 - 
2021年9月
近畿大学 生物理工学部 非常勤講師 
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2007年9月
立命館大学 理工学研究科 総合理工学専攻
 
2003年4月
 - 
2004年3月
和歌山大学 システム工学研究科 システム工学専攻
 
2001年4月
 - 
2003年3月
和歌山大学 システム工学研究科 システム工学専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
近畿大学 生物理工学部 電子システム情報工学科
 

委員歴

 
2023年8月
 - 
現在
日本音響学会 編集委員会  査読委員
 
2022年6月
 - 
現在
電子情報通信学会 応用音響研究会  幹事補佐
 
2022年6月
 - 
現在
日本音響学会 電気音響研究会  幹事補佐
 
2021年6月
 - 
現在
電子情報通信学会 信号処理研究会  専門委員
 
2019年6月
 - 
2023年6月
日本音響学会 編集委員会  会誌部会委員
 

受賞

 
2023年12月
日本音響学会関西支部, 日本音響学会関西支部奨励賞,室内向けドローン駆動音の不快感低減技術ー駆動音を活用した聴覚マスキングー
林拓哉 堀田雅貴 高橋徹 中山雅人 
 
2022年4月
電気関係学会関西連合大会実行委員会, 連合大会奨励賞,ARヘッドセットと複数の超音波振動子アレイを用いた空中ハプティクスの可視化
上田明日斗 中山雅人 高橋徹 
 
2021年6月
大阪産業大学, 大阪産業大学令和2年度教員評価制度優秀教員
 
2021年4月
電子情報通信学会, 電子情報通信学会論文誌(D)学生論文特集秀逸論文認定,アドバンスドキャリアによるパラメトリックスピーカの音圧改善と周波数ピーク雑音低減
旭 浩平 森 海里 中山 雅人 西浦 敬信 
 
2020年12月
日本音響学会関西支部, 日本音響学会関西支部優秀奨励賞,パラメトリックスピーカを用いたサラウンド技術~高精細音像を目指して~
島田波音 岩居健太 中山雅人 西浦敬信 
 

論文

 
 
Yuting Geng   Masato Nakayama   Takanobu Nishiura   
2023 Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference (APSIPA ASC)      2023年10月   [査読有り]
 
Takuya Hayashi   Asuto Ueda   Toru Takahashi   Masato Nakayama   
2023 IEEE 12th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)      2023年10月   [査読有り]
 
Toru Takahashi   Kotaro Fukuda   Tomoru Awatani   Masato Nakayama   
2023 IEEE 12th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)      2023年10月   [査読有り]
 
Yuting Geng   Shiori Sayama   Masato Nakayama   Takanobu Nishiura   
APSIPA Transactions on Signal and Information Processing      2023年   [査読有り]
 
Yuting Geng   Masato Nakayama   Takanobu Nishiura   
Applied Acoustics   200 109060-109060   2022年11月

MISC

 
 
Ryusei Tsuda   Tomoru Awatani   Masato Nakayama   Toru Takahashi   
Proc. inter.noise 2023   1-P-10 1-8   2023年8月   
 
Takuya Hayshi   Toru Takahashi   Takanobu Nishiura   Masato Nakayama   
Proc. inter.noise 2023   1-P-8 1-11   2023年8月   
 
Yoto Ikezaki   Yuting Geng   Masato Nakayama   Takanobu Nishiura   
Proc. inter.noise 2023   1-P-6 1-11   2023年8月   
 
津田龍星   前川大樹   粟谷朋留   中山雅人   高橋 徹   
信学技報   122(387) 215-220   2023年3月   
本報告では,一辺 3m の正方形の頂点に配置した4つのマイクロホンで観測される音圧比から,正方形の中心に配置したスピーカーの放射方向を推定する手法について述べる.本研究では,スピーカーの放射方向を,スピーカーから最も高い音圧を出力する方向と定義した.スピーカーから日本語音声を再生し,0.2s 毎に方向推定するシミュレーション実験の結果,中心周波数 500Hz,1000Hz,2000Hz,4000Hz における 1/3オクターブバンドレベル比による推定精度が,43.0%,65.4%,84.0...
 
上田明日斗   高橋 徹   中山雅人   
信学技報   122(387) 171-176   2023年3月   
我々は,超音波空中ハプティクスにおいて,出力する振幅変調信号によって感覚が変わることから,再現したい対象物の摩擦音を収録,分析し,対象物表面の特徴量を抽出,それをパラメータとして振幅変調信号を生成することで対象物の質感を再現する手法を提案している.本稿では,これまでの手法において,ハンドトラッキングデバイスを用いて,振幅変調信号を生成するときのパラメータとして手の速度を追加することで,手の動きに合わせて提示する感覚を変化させる質感再現手法を提案する.提案手法の有効性を確認するため,質感に関...

講演・口頭発表等

 
 
林拓哉   堀田雅貴   高橋徹   中山雅人   
日本音響学会関西支部第26回若手研究者交流研究発表会   2023年12月9日   
 
大橋 勇介   上保 徹志   中山 雅人   中迫 昇   
日本音響学会第149回(2023年春季)研究発表会   2023年3月16日   日本音響学会   
pp.275-276
 
江川 琢真   耿 毓庭   西浦 敬信   中山 雅人   
日本音響学会第149回(2023年春季)研究発表会   2023年3月16日   日本音響学会   
pp.159-162
 
上田 明日斗   高橋 徹   中山 雅人   
日本音響学会第149回(2023年春季)研究発表会   2023年3月16日   日本音響学会   
pp.155-158
 
森川 輝久   山本 斐世   津田 龍星   江川 琢真   中山 雅人   高橋 徹   
日本音響学会第149回(2023年春季)研究発表会   2023年3月16日   日本音響学会   
pp.153-154

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
メディア情報学序論 (立命館大学)
 
   
 
情報科学 (立命館大学)
 
   
 
情報学実験 (立命館大学)
 
   
 
メディア処理演習 (立命館大学)
 
   
 
音響処理論 (同志社女子大学)

所属学協会

 
2017年4月
 - 
現在
特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会
2016年4月
 - 
現在
Asia Pacific Signal and Information Processing Association (APSIPA)
2013年4月
 - 
現在
一般社団法人 電気学会
2006年4月
 - 
現在
一般社団法人 電子情報通信学会
2002年4月
 - 
現在
一般社団法人 日本音響学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
次世代ピンスポットオーディオシステムの基盤創成と体系化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
西浦 敬信 中山 雅人 岩居 健太 
研究期間: 2023年4月 - 2027年3月
 
音像ホログラフィを用いた音響テレイグジスタンス技術の基盤開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
中山 雅人 高橋 徹 西浦 敬信 
研究期間: 2021年4月 - 2025年3月
 
音響空間における次世代スポットエリア再生・集音技術の基盤開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
西浦 敬信 中山 雅人 岩居 健太 福森 隆寛 
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
 
パラメトリックスピーカを用いた音響測距に基づくピンスポット音提示システムの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
中山 雅人 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
音環境の協和音化に基づく騒音環境の快音化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)
西浦 敬信 中山 雅人 
研究期間: 2018年6月 - 2020年3月

産業財産権

 
 
中山 雅人   
パラメトリックスピーカとダイナミックスピーカを組み合わせた仮想音源の距離制御システム
 
中山 雅人   江川 琢真   
パラメトリックスピーカとダイナミックスピーカを組み合わせた仮想音源の距離制御システムにおける受聴者透過音像の構築方式に関する特許
 
 
西浦 敬信   旭 浩平   中山 雅人   
パラメトリックスピーカの音圧を向上させる方式
 

研究テーマ

 
 
 
 

今年度担当授業科目