言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

都市創造工学科

研究者リスト >> 玉井 昌宏
 

玉井 昌宏

 
アバター
研究者氏名玉井 昌宏
 
タマイ マサヒロ
URL
所属大阪産業大学
部署工学部 都市創造工学科
職名教授
J-Global ID201801002265996524

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 土木環境システム / 

論文

 
 
玉井 昌宏   
土木学会論文集G(環境)   76(7) III_511-III_519   2020年   
筆者らは大阪平野北部地域に北摂山地より夜間に流入する冷気流が存在すること,この気流がこの地域の気温を2℃程度低下させる効果を有することなどを明らかにしてきた.本論では,WRFを用いた数値シミュレーションにより,この冷気流の構造と形成要因を検討した.各種地上観測データや筆者らの実施したパイロットバルーンによる上空風の観測結果との比較により,計算結果の妥当性を検証した.筆者らが研究対象としてきた冷気流が,猪名川流域の多田盆地に流入,集積した冷気の大阪平野への吹き出しにより形成されていることが明...
 
 
辻本 剛三   玉井 昌宏   
土木学会論文集B3(海洋開発)   75(2) I_725-I_730   2019年   
前報1)で行った鹿児島県の海浜底質調査に新たに調査地点を増やし,底質の色彩分析にエントロピーの概念を用いた新しい方法で,海浜周辺の地質や底質特性との関連を検討した.色彩はL*a*b*からの明度,色相,彩度,色度でグループ化を行い,明度が最も適切な指標となった.グループ化に当たり明度の分布形状の3次モーメントの歪度を基準として7グループに分けた.鹿児島県はシラス台地に代表される地質であるが,花崗岩に含まれる石英や長石等の白色系の鉱物,苦鉄質火山岩に含まれる輝石や磁鉄鉱等...
 
玉井 昌宏   辻本 剛三   
土木学会論文集B3(海洋開発)   74(2) I_808-I_813   2018年   
鹿児島県本土側の32海岸の砂の色彩を定量的に把握するとともに,それと海岸周辺地域の地質状況との関係を検討した.対象地域の過半を占めるシラス台地の影響の大きい海岸の砂の特徴は,中程度の暗さのこげ茶色を多く持つことであった.完新世の火山活動による火砕流堆積物あるいは苦鉄質火山岩が分布する地域の海岸砂は概ね黒色であった.大隅半島東岸に位置する海岸は花崗閃緑岩により,出水山地より北方の海岸は同山地に分布する四万十層群の付加コンプレックスにより,暗いこげ茶色を持っていた.このように,海岸周辺の地質が...
 
玉井 昌宏   
Coastal Engineering Proceedings   36    2018年   [査読有り]

研究テーマ