言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

商学科

研究者リスト >> 生田 祐介
 

生田 祐介

 
アバター
研究者氏名生田 祐介
 
イクタ ユウスケ
URLhttps://sites.google.com/view/ikutanomics/home
所属大阪産業大学
部署経営学部商学科
職名准教授
学位博士(経済学)(神戸大学)
科研費研究者番号70801489
J-Global ID201901017686184744

研究キーワード

 
ビジネス・エコノミクス ,競争政策 ,産業組織論

研究分野

 
  • 人文・社会 / 商学 / 商学
  • 人文・社会 / 経済政策 / 経済政策
  • 人文・社会 / 経済政策 / 経済政策

経歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
一般財団法人アジア太平洋研究所  研究員 
 
2016年4月
 - 
2017年3月
神戸大学 経済学研究科 研究員 
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
神戸大学 経済学研究科 博士後期課程 
 
2010年4月
 - 
2013年3月
神戸大学 経済学研究科 博士前期課程 専修コース
 
2002年4月
 - 
2007年3月
滋賀大学 経済学部 企業経営学科
 

論文

 
 
Yusuke Ikuta   Takashi Yanagawa   
International Journal of Economic Policy Studies   17    2022年12月   [査読有り]
 
Kazuhiro Seki   Yusuke Ikuta   Yoichi Matsubayashi   
INFORMATION PROCESSING & MANAGEMENT   59(2)    2022年3月   [査読有り]
This paper presents an approach to measuring business sentiment based on textual data. Business sentiment has been measured by traditional surveys, which are costly and time-consuming to conduct. To address the issues, we take advantage of daily n...
 
関和広   生田祐介   
情報処理学会論文誌ジャーナル   62(5) 1288-1297   2021年5月   [査読有り]
政府や中央銀行が発表する景況感指数は,金融当局の政策決定や企業の生産計画などの拠りどころとして重要な役割を担っている.しかし,これらの指数は大規模なアンケートに基づいており,その算出には大変な手間と時間がかかる.そこで本研究では,ニュース記事を再利用することで,低コストで速報性の高い,新しい景況感指数を算出する手法を提案する.具体的に,外れ値検出モデルにより経済・景気に関係が薄いと判断された記事を除外したうえで,それ以外の記事(の文)に対して景気スコアを予測する.そして,ある期間に発行され...
 
生田祐介   関和広   松林洋一   
APIR Discussion Paper Series No.48      2021年2月   
 
生田祐介   木下祐輔   松林洋一   
APIR Discussion Paper Series No.47      2020年11月   

講演・口頭発表等

 
 
関和広   生田祐介   松林洋一   
日本経済研究センター 第 13 回「AI・ビッグデータ経済モデル研究会」   2022年8月5日   [招待有り]
 
第24回人工知能学会 金融情報学研究会(SIG-FIN)   2020年3月14日   
 
関和広   生田祐介   
IEEE International Conference on Artificial Intelligence and Knowledge Engineering 2019   2019年6月3日   
 
日本経済政策学会第15回国際会議   2016年10月   
 
European Association for Research in Industrial Economics, The 43rd Annual Conference   2016年8月   

所属学協会

 
2013年4月
 - 
現在
日本経済政策学会
2016年4月
 - 
現在
日本経済学会
2016年4月
 - 
現在
European Assosiation for Research in Industrial Economics
2020年2月
 - 
現在
人工知能学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
テキスト・マイニングによる新たな景況感指標の計測と応用
2020年度(令和2年度)日本経済研究センター研究奨励金: 
松林 洋一 生田 祐介 
研究期間: 2020年

研究テーマ