言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

交通機械工学科

研究者リスト >> 金子 哲也
 

金子 哲也

 
アバター
研究者氏名金子 哲也
 
カネコ テツヤ
URLhttp://www.osu-vehicle.com/
所属大阪産業大学
部署工学部交通機械工学科
職名教授
学位博士(工学)(日本大学)
科研費研究者番号30368154
J-Global ID200901010224559201

研究キーワード

 
パーソナルモビリティ ,トラクタ―トレーラ連結車両走行安定性 ,人間ー機械システム ,車両運動制御 ,自動運転車両 ,タイヤモデリング

研究分野

 
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム / 人間自動車システム
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス / 人間自動車システム
  • 情報通信 / ロボティクス、知能機械システム / 知能機械学・機械システム
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス / 知能機械学・機械システム
  • 情報通信 / 機械力学、メカトロニクス / 機械力学・制御

経歴

 
2015年4月
 - 
2016年1月
ミシガン大学 客員研究員  Visiting Research Scholar 
 
2014年7月
   
 
名古屋大学 名古屋COI拠点, 社会イノベーションデザイン学センター, 客員准教授   
 
2010年4月
   
 
日本大学生産工学部自動車工学リサーチセンター,学外協力メンバー   
 
2008年4月
   
 
神戸大学工学部 非常勤講師   
 

学歴

 
 
 - 
2003年3月
日本大学大学院 生産工学研究科 機械工学専攻
 

委員歴

 
2018年4月
   
 
公益社団法人 自動車技術会  自動運転委員会
 
2016年4月
   
 
日本機械学会  交通物流部門 自動車技術委員会
 
2013年4月
   
 
公益社団法人 自動車技術会  ドライバ評価手法検討部門委員会 委員
 
2003年
   
 
公益社団法人 自動車技術会  車両特性デザイン部門委員会委員
 

受賞

 
2018年3月
自動車技術会, 関東支部学術研究講演会ベスト・ペーパー賞,リーン機構を有するパーソナルモビリティビークルの主観評価に関する研究
松田明子 景山 一郎 栗谷川 幸代 原口 哲之理 金子 哲也 小林 祐範 村山 哲也 
 
2014年12月
アドバンティシンポジウム 実行委員会, 日本機械学会 交通・物流部門大会TRANSLOG2014 OS10 アドバンティシンポジウム ポスターセッション 優秀ポスタープレゼンテーション賞,自律走行車両のための複数移動物体存在下での目標軌跡生成に関する研究
 
2002年10月
自動車技術会, 自動車技術会 学術講演会優秀講演発表賞
 

論文

 
 
原口 哲之理   金子 哲也   景山 一郎   
自動車技術会論文集   53(1) 58-64   2022年1月   [査読有り]
二輪車同様,内傾するPMVでは横力は主にキャンバ角で得られ,同一軌跡走行に必要な操舵角は車速で変化しない.このステア特性を乗用車や二輪車と比較し,旋回限界の予告方法を考察する.US特性や操舵トルクの飽和がなく,旋回時の車体接地も適さないPMVでは,追加操舵トルクで限界への近接を抑制する必要がある.
 
Ichiro Kageyama   Yukiyo Kuriyagawa   Tetsunori Haraguchi   Tetsuya Kaneko   Motohiro Asai   Gaku Matsumoto   
Applied Sciences   Vol.12(Issue1)    2021年12月   [査読有り]
This research deals with the possibility for construction of the database on the braking friction coefficient for actual roads from the viewpoint of traffic safety especially for automated driving such as level 4 or higher. In an automated driving...
 
Tetsunori Haraguchi   Tetsuya Kaneko   Ichiro Kageyama   
Proc. IAVSD 2021, 27th IAVSD Symposium on Dynamics of Vehicles on Roads and Tracks      2021年8月   
 
原口 哲之理   金子 哲也   景山 一郎   
自動車技術会論文集   52(5) 987-993   2021年8月   [査読有り]
抄録
操舵角に応じて内傾角を与えるパーソナルモビリティビークルにて,操舵トルクの復元側への補正手段が提案されているが,そのヒステリシスの与え方は明確になっていない.本報では,車両の内傾挙動によるヒステリシス発生メカニズムを分析し,その内傾角に比例した補正トルク付加による,ヒステリシスの解消方法を示した.
 
原口哲之理   金子哲也   景山一郎   
自動車技術会論文集   52(2) 462-468   2021年3月   [査読有り]
操舵角に応じて内傾角を与えるPMVは大キャンバ角による横力で旋回するため,旋回時のタイヤ接地荷重中心の横移動を考慮する必要がある.そこでステアリング軸回りモーメントへのタイヤ6分力の影響を整理した上で,旋回時の接地荷重反力による外乱の幾何学的最小化条件を含めて,ステアリング軸諸元の設定方法を求める.

MISC

 
 
金子 哲也   北澤 章平   
大阪産業大学産業研究所所報   (39) 19-27   2016年12月
 
Shohei Kitazawa(Osaka   Sangyo University   Tetsuya Kaneko(Osaka   Sangyo Universirty   
Proceedings of The 13th Internatonal Symposium on Advanced Vehicle Control AVEC'16 in Munich,Germany      2016年9月   
This paper describes the development and simulation verification of a direction control algorithm for autonomous vehicles in consideration of mutual accordance in mixed traffic conditions. This algorithm includes a driver model and a vehicle dynam...
 
Tetsuya Kaneko(Osaka   Sangyo University   Ichiro Kageyama(Nihon University   Yukio Kuriyagawa(Nihon University   Tetsunori Haraguchi(Nagoya Universit   
Proceedings of Bicycle & Motorcycle Dynamics 2016 BMD2016   10   2016年9月   
The Personal Mobility Vehicle (PMV) described in this paper has typical biomimetic features that govern the vehicle body inside a curve. Because the behavior of this proposed vehicle is similar to that of a two-wheeled one, it is necessary to exam...
 
Tetsuya Kaneko(Osaka   Sangyo University   Ichiro Kageyama(Nihon University   Yukiyo Kuriyagawa(Nihon University   Tetsunori Haraguchi(Nagoya University   
Proc. FAST-zero 2015 Symposium      2015年9月   
The personal mobility vehicle (PMV) described in this paper has typical biomimetic characteristics, which incline the vehicle body inside a curve. Since the behavior of this vehicle is similar to that of a two‐wheeled vehicle, it is necessary to e...
 
Shohei Kitazawa(Osaka   Sangyo University   Tetsuya Kaneko(Osaka   Sangyo Universirty   
Proc. FAST-zero 2015 Symposium      2015年9月   
We believe that a driver’s operation and vehicle’s motion characteristics during a lane change differ by driver. This study examined a driver's acceptance and operation in relation to a change in the vehicle’s response using a four‐wheel steering ...

書籍等出版物

 
 
株式会社エヌ・ティー・エス   2014年5月      
・2020年実用化に向けた自動運転車開発の最新技術動向を探る
・IT業界を巻き込んだ今後の開発競争の行方を概観する
・走る情報端末としての進化続ける自動車の未来像を予想する
 
東京電機大学出版局   2012年10月   (ISBN:4501419105)   
自動車工学の基礎である「走る」、「曲がる」、「止まる」に重点を置き、基礎事項を詳解。エンジン性能や走行性能などの理論から、振動や乗心地、操縦性、安全性を網羅。オートバイ技術の情報を加え、とくにマンマシンシステムとしての自動車に最新の人間工学を取り入れた。

講演・口頭発表等

 
 
北澤 章平   金子 哲也   
第 30 回 交通・物流部門大会 (TRANSLOG2021)   2021年12月3日   一般社団法人 日本機械学会   
 
寺田 和磨   金子 哲也   西尾 実   栗谷川 幸代   原口 哲之理   景山 一郎   
第30回 交通・物流部門大会(TRANSLOG2021)   2021年12月2日   日本機械学会   
 
金子 哲也   山中 真之   原口 哲之理   景山 一郎   
自動車技術会2021年秋季大会   2021年10月13日   (公社)自動車技術会   
操舵に応じて強制的に内傾角を与え旋回するパーソナルモビリティビークルの車両運動特性に関する解析は未検討課題が多い.本報ではタイヤのコーナリングフォースとキャンバスラストの動特性を考慮したシミュレーションモデルにより,旋回時の過渡応答性能とその性能向上手法について説明する.
 
原口 哲之理   金子 哲也   景山 一郎   
自動車技術会2021年秋季大会   2021年10月13日   (公社)自動車技術会   
旋回時に内傾するPMVでは,二輪車同様,横力は主に対地キャンバ角で得られ,同じ軌跡を走行するのに必要な操舵角は車速により変化しない.PMVのステア特性を一般的自動車の理論で整理するのは適切でないので,定常円旋回時のステア特性を,タイヤグリップ限界の前後バランス,車速による操舵角と操舵トルクの変化から考察する.
 
景山 一郎   栗谷川 幸代   原口 哲之理   金子 哲也   浅井 基博   多比良 峻   松本 学   
自動車技術会2021年秋季大会   2021年10月13日   (公社)自動車技術会   
実路の路面摩擦特性を推定する手法を検討し,マジックフォーミュラー(MF)を用いて制動時のμ-s特性を推定する手法検討を行ってきた.この結果をうけ,構築したMFのパラメータとブラッシュモデルを連携させ,緊急回避等で用いる横力特性の推定手法を示す.

所属学協会

 
2020年4月
 - 
現在
先進路面摩擦データベース研究組合(CAR-FD)
2020年1月
 - 
現在
日本バーチャルリアリティ学会
2018年5月
 - 
現在
人工知能学会
 
   
 
日本ロボット学会
 
   
 
システム制御情報学会

研究テーマ

 
 
 
 
 

共同・受託研究希望テーマ

 
 
共同研究
 
受託研究
共同研究
 
共同研究

学会活動以外の講演実績