言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

国際学科

研究者リスト >> 村田 好哉
 

村田 好哉

 
アバター
研究者氏名村田 好哉
 
ムラタ ヨシヤ
URL
所属大阪産業大学
部署国際学部国際学科
職名教授
学位master of art(Kwansei Gakuin University), 文学修士(関西学院大学)
その他の所属, , ,
科研費研究者番号90190925
J-Global ID200901094550987050

研究分野

 
  • 人文・社会 / 日本文学 / 国文学

学歴

 
 
 - 
1985年
関西学院大学 文学研究科 日本文学
 
 
 - 
1985年
関西学院大学 文学研究科 日本文学
 
 
 - 
1980年
立命館大学 文学部 文学科 日本文学専攻
 

委員歴

 
2017年
   
 
日本近代文学会  関西支部運営委員
 
2011年
   
 
日本文芸学会  常任理事
 
2006年
 - 
2010年
横光利一文学会  会計監査
 

論文

 
 
大阪産業大学論集人文・社会編   (29) 19-35   2017年3月   
 
村田 好哉   
「虞美人草」 京都漱石の會会報   (17) 16-17   2016年4月   
 
村田 好哉   
「太宰治研究」 山内祥史編   (22) 241-246   2014年6月   
 
村田 好哉   
「虞美人草」 京都漱石の會会報   (13) 7   2014年3月   
 
会報 漱石文学研究   (3) 1-4   2006年7月   

MISC

 
 
村田好哉   
「『倫敦塔』論集 漱石の見た風景」鳥井正晴他編   487-546   2021年3月   
 
「『道草』論集 健三のいた風景」鳥井正晴他編   407-482   2013年9月   
 
 
 

書籍等出版物

 
 
玉井 敬之, 北川 秋雄, 小川 直美(担当:共著)
翰林書房   1997年2月      
明治から大正へという時代の転換期ともあいまって多くの問題作が生まれた1910年代の日本近代小説から19篇を選び、翻刻を行った上で作家・作品解題を試みた。 このうち村田は雁・銀の匙・艶書・城の崎にて・枯野抄・藤十郎の恋を担当、あわせて文学年表の作成を行った。
 
翰林書房   1994年2月      
既成文献目録の補遺ならびに雑誌初出論文の単行本収録状況の把握に重点を置きをがら、編年形式により『三四郎』関係書誌(1908年9月~1993年10月)の作成を試みた。『三四郎』85年の受容史解明への一助とした。
 
堀部 功夫(担当:その他)
桜楓社   1991年12月      
第1部には同時代評、第2部には大正6年から昭和10年までの漱石関係記事及び文献を収録し、第1部の編集、解説を堀部、第2部を村田が各々行った。第2部では小宮 豊隆「明暗」講演録など類書未収録の基本文献10編を翻刻、解説において大正6年から昭和10年に至るまでの漱石研究の史的展開とパラダイムの解明を試みた。
 
玉井 敬之, 浅田 隆(担当:その他)
桜楓社   1991年1月      
漱石研究体系化への一助として1930年代から現在に至るまでの「三四郎」論(約500編)のなかから先見性の認められる論考、発表時に議論を巻き起こしたものを中心に玉井 敬之氏との合議により21編を精選し編集を行った。あわせて鼎談方式(司会浅田 隆氏)により「三四郎」研究50年の史的展開を同時代の研究状況とのかかわりのなかで解明を試みたものである。なお拙稿「三四郎」の世界-「森の女」美禰子を巡って-(日本文芸研究、1985年7月)を収録。

所属学協会

 
 
   
 
日本文学協会
1986年
 - 
現在
解釈学会
1986年
 - 
現在
立命館大学日本文学会
1986年
 - 
現在
日本キリスト教文学会関西支部
1986年
 - 
現在
全国大学国語国文学会

研究テーマ