言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

都市創造工学科

研究者リスト >> 山下 典彦
 

山下 典彦

 
アバター
研究者氏名山下 典彦
 
ヤマシタ ノリヒコ
URL
所属大阪産業大学
部署工学部都市創造工学科
職名教授
学位博士(工学)(京都大学)
科研費研究者番号90283621
J-Global ID200901065551932012

研究キーワード

 
地盤工学 ,地震工学 ,維持管理工学 ,構造工学

研究分野

 
  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 構造工学、地震工学 / 

学歴

 
1993年4月
 - 
1996年3月
京都大学 大学院工学研究科 土木工学専攻
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
2019年3月
土木学会関西支部  都市直下地震での鉛直方向の免震構造に関する調査研究委員会委員
 
2017年4月
 - 
2018年3月
関西道路研究会  道路橋調査研究委員会 橋梁の基礎の補強・パイルベント橋脚の補強に関する研究小委員会委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
地盤工学会関西支部  南海トラフ巨大地震に関する被害予測と防災対策研究委員会委員
 
2009年6月
 - 
2012年4月
地盤工学会  関西支部兵庫県南部地震を後世に伝承するための研究委員会メンバー
 
2005年4月
 - 
2007年3月
土木学会  構造工学委員会構造工学論文集編集小委員会インターフェイス・ストラクチャー部門副主査
 

論文

 
 
山下典彦   久保田晃平   宮脇幸治郎   Phang Yu Jun   小南完   
Kansai Geo-Symposium 2022論文集   245-250   2022年11月   [査読有り]
2017年度版の道路橋示方書では,直接基礎の鉛直荷重に対する支持の照査の方法が見直されている。しかしながら,経験的に常時・レベル1地震時に対し適切な設計がなされれば,レベル2地震時にも橋の性能に影響を与える過大な残留変位は生じないと考えられていることから,直接基礎の大変形挙動に関する新たな知見をもとに,レベル2地震時における直接基礎の安定照査について検討が望まれている。そこで本研究では,直接基礎で支持されるRC橋脚を3自由度系のスウェイ・ロッキングモデル(以下,SRモデル)で表現し,回転地...
 
山下典彦   久保田晃平   宮脇幸治郎   
Kansai Geo-Symposium 2021論文集   175-180   2021年11月   [査読有り]
2017年度版の道路橋示方書では,直接基礎の鉛直荷重に対する支持の照査の方法が見直されている。しかしながら,経験的に常時・レベル1地震時に対し適切な設計がなされれば,レベル2地震時にも橋の性能に影響を与える過大な残留変位は生じないと考えられていることから,直接基礎の大変形挙動に関する新たな知見をもとに,レベル2地震時における直接基礎の安定照査について検討が望まれている。そこで本研究では,直接基礎で支持されるRC橋脚を3自由度系のスウェイ・ロッキングモデルで表現し,回転地盤ばねを鉛直地盤ばね...
 
山下典彦   宮脇幸治郎   井口海都   
土木学会論文集A1(構造・地震工学)   76(4) I_774-I_786   2020年9月   [査読有り]
兵庫県南部地震以降,上下動が大きい地震動が観測され,それに起因すると思われる被害事例が存在するようになった.本研究では,この上下動が水平動に与える影響を調べるために,パラメータ励振の効果を上部構造物に曲げせん断型のはり要素でモデル化し,水平,鉛直及び回転の地盤ばねと剛体基礎に支持される基礎-地盤系の動的相互作用を考慮することで上部構造物は線形,地盤ばねは非線形モデルで解析を行った.そして,上下動やパラメータ励振の有無及び3つの地盤ばねの非線形特性が上部構造物の水平と上下の振動特性や擬似AD...
 
山下典彦   宮脇幸治郎   井口海都   
Kansai Geo-Symposium 2019論文集   263-268   2019年11月   [査読有り]
一般に水平・上下動同時入力の応答計算は,水平動と上下動の応答計算を別個に行い,それらを合成することにより行っている.本研究では,道路橋の全体系を対象に,パラメータ励振の効果を上部構造物に曲げせん断型のはり要素でモデル化し,水平,鉛直及び回転の地盤ばねと剛体基礎に支持される基礎-地盤系の動的相互作用を考慮することで非線形地震応答解析を行い,上下動やパラメータ励振の有無及び3つの地盤ばねの非線形特性が上部構造物の水平と上下の振動特性,さらには地盤変形によって生じる基礎の応答が上部構造物の応答に...
 
山下典彦   甲田啓太   宮脇幸治郎   
土木学会論文集A2(応用力学)   73(2) II_801-I_812   2018年1月   [査読有り]
高度経済成長期に全国で大量に整備された道路橋の経年劣化を適切に評価することは維持管理や想定される大規模な地震に対して必要な耐震性能を把握する上で非常に重要である.本研究では,単柱RC橋脚を対象とし道路橋示方書耐震設計編(H24年版)で耐震設計を行い,柱基部でのM-θ関係を用いた回転1自由度系(近似,厳密(P-Δ効果考慮))の絶対応答加速度波形のウェーブレット変換から,残留変位に着目し,変位及びウェーブレット係数の増分の相関性をパルス地震動ごとに分析した.そして,時間軸上でウェーブレット係数...

MISC

 
 
佐藤忠信   山下典彦   関口春子   川瀬博   室野剛隆   
日本地震工学シンポジウム論文集   10th    1998年
 
山下典彦   関口春子   佐藤忠信   川瀬博   
地盤工学研究発表会発表講演集   32nd(2-1)    1997年
 
佐藤忠信   山下典彦   関口春子   
都市直下の地震による災害の防止に関する基礎研究 平成8年度 No.08248113      1997年

講演・口頭発表等

 
 
山下典彦   久保田晃平   宮脇幸治郎   
第42回土木学会地震工学研究発表会   2022年10月   
 
久保田晃平   山下典彦   宮脇幸治郎   
2022年度土木学会関西支部年次学術講演会   2022年5月   
 
山下典彦   久保田晃平   宮脇幸治郎   
第25回応用力学シンポジウム講演概要集   2022年5月   
 
N. Yamashita   K. Miyawaki   K. Iguchi   
17th World Conference on Earthquake Engineering   2021年9月   
 
山下典彦,久保田晃平,宮脇幸治郎   
第24回橋梁等の耐震設計シンポジウム講演論文集   2021年7月   

研究テーマ

 
 

免許・資格