言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

高等教育センター

研究者リスト >> 宮嵜 和美
 

宮嵜 和美

 
アバター
研究者氏名宮嵜 和美
 
ミヤザキ カズミ
URL
所属大阪産業大学
部署全学教育機構高等教育センター
職名教授
学位Doctor (Science)(Ehime University), 博士(理学)(愛媛大学), Master (Education)(Osaka Kyoiku University), 修士(教育学)(大阪教育大学)
J-Global ID200901057101001636

研究分野

 
  • 自然科学一般 / 幾何学 / 位相幾何学

学歴

 
1998年4月
 - 
2001年3月
愛媛大学大学院 理工学研究科 環境科学専攻
 
1998年4月
 - 
2001年3月
愛媛大学大学院 理工学研究科 環境科学専攻
 
1980年4月
 - 
1984年3月
大阪教育大学 教育学部 特別教科(数学)課程
 

論文

 
 
Dikran Dikranjan   Kazumi Miyazaki   Tsugunori Nogura   Takamitsu Yamauchi   
TOPOLOGY AND ITS APPLICATIONS   230 490-505   2017年10月   [査読有り]
We study properties of the pseudocompact spaces X with a weak selection, and we dedicate a particular attention to the weak selection topologies on X. In case when X is also locally compact, we obtain a convenient decomposition of X into a finite ...
 
S. Garc   a-Ferreira   K. Miyazaki   T. Nogura   A. H. Tomita   
HOUSTON JOURNAL OF MATHEMATICS   vol 39(No.4) 1385-1399   2013年12月   [査読有り]
 
S. García-Ferreira   K. Miyazaki   T. Nogura   
Topology and its Applications   160(18) 2465-2472   2013年12月   [査読有り]
A weak selection on an infinite set X is a function σ:[X]2→X such that σ({x, y})∈{x, y} for each {x, y}∈[X]2. A weak selection on a space is said to be continuous if it is a continuous function with respect to the Vietoris topology on [X]2 and the...
 
Elise Grabner(Slippery Rock University   Gary Grabner(Slippery Rock University   Kazumi Miyazaki   Jamal Tartir(Youngstown   State University   
the International Journal of Pure and Applied Mathematics   49(2) 251-278   2008年   [査読有り]
relative propertyにおけるsemi-metricとrelative first countable 研究と結果
 
Elise Grabner(Slippery Rock University   Gary Grabner(Slippery Rock University   Kazumi Miyazaki   Jamal Tartir(Youngstown University   
Questions and Answers in General Topology   25(1) 53-55   2007年4月   [査読有り]
異なる3種類のrelative normal について、部分空間Yがどんな全空間の中においてもそれぞれのrelative normalになるときの特徴づけを示し、さらにrelative s-normalの場合には部分空間Yがcompactであるという同値条件を得た。これによりnormalの観点からのcompact 空間の利用範囲をさらに広げることができた。

MISC

 
 
Kazumi Miyazaki   
京都大学数理解析研究所講究録   1188 112-119   2001年2月   
relative property の紹介とrelative prppertyに関するそれまでの共同研究で得られた結果のまとめと解説。

書籍等出版物

 
 
丸本嘉彦, 張替俊夫, 田村誠, 宮嵜和美(担当:共著)
共立出版   2010年4月      
 
丸本嘉彦, 張替俊夫, 田村誠, 宮嵜和美(担当:共著)
共立出版   2010年4月      

講演・口頭発表等

 
 
Salvator Garcia-Ferreira(UNAM   Kazumi Miyazaki   Tsugunori Nogura(Ehime Unuversity   Artur Hideyuki Tomita(Universidade de Sao Paulo   
第49回位相空間論シンポジウム   2014年6月5日   
 
Kazumi Miyazaki   
International Conference on Topology and Geometry 2013 (ICTG2013) - Joint with the 6th Japan-Mexico Topology Symposium   2013年9月2日   
 
S.Garcia-Ferreira   宮嵜和美   野倉嗣紀   A.H.Tomita   
第46回位相空間論シンポジウム   2011年6月3日   
 
宮嵜和美   
General Topology Symposium   2003年12月   
 
宮嵜和美   
Annual meetings of Scientiate Mathematicae Japonicae   2003年9月   

所属学協会

 
 
   
 
日本数学会

研究テーマ

 
 
 
 
 

学会活動以外の講演実績