言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

スポーツ健康学科

研究者リスト >> 齋藤 好史
 

齋藤 好史

 
アバター
研究者氏名齋藤 好史
 
サイトウ ヨシフミ
URL
所属大阪産業大学
部署スポーツ健康学部スポーツ健康学科
職名教授
学位master(Nippon Sport Science University), 修士(日本体育大学), Ph. D in Medicine(Wakayama Medical College), 医学博士(和歌山県立医科大学)
科研費研究者番号60387967
J-Global ID200901050355356006

研究キーワード

 
水中運動 ,水球 ,水泳 ,スポーツ生理学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / スポーツ科学

経歴

 
2005年4月
 - 
2008年3月
びわこ成蹊スポーツ大学   
 

委員歴

 
2016年4月
 - 
2018年3月
大阪体育学会  理事長
 
2013年
   
 
大阪体育学会  理事
 

MISC

 
 
齋藤 好史   正見こずえ   当麻 成人   松田 光弘   田中 譲   
大阪産業大学人間環境論集   15 193-200   2016年3月   [査読有り]
2008年に小学校から高等学校までの体育分野すべてで体つくり運動が,位置付けられた.2014年に水泳指導の手引き(三訂版)が作成された.小学校低学年の水遊びの指導内容は,これまでほぼ一貫している.体を移動する運動,用具を操作する運動の4つの運動を水中に取り入れる運動を示した.特に,水中でボールを操作する運動を取り入れることは,これまでの授業をより効果的なものにすることが期待できる.
 
齋藤 好史   瀬戸 孝幸   澤井 亨   佐藤 慶明   西澤 晃希   セネファ   
大阪産業大学人間環境論集   14 45-55   2015年3月   
全国ジュニアオリンピック大会において2012年の攻撃パターン,シュート成功率に変化がみられたかを調べることにした.全国ジュニアオリンピック大会の予選Rのシュート(790本),決勝Rのシュート(206本)が対象とされた.予選Rの総得点は272ゴール,決勝Rの総得点は63ゴールで合計335ゴールであった.シュート本数の多い攻撃パターンはセットMである.予選R,決勝Rでのゴール数の40%が速攻で得点された.決勝Rでは速攻(64.9%),退水(42.3%)とセット攻撃のフローター(36.7%)から...
 
齋藤 好史   
大阪産業大学人間環境論集   12 25-32   2013年3月   
2008年から2011年にスポーツ健康学科に所属し,4年間に実施された水泳受講生の泳力と他のスポーツ系学部に所属する学生の泳力が比較された.1) 大阪産業大学スポーツ健康学科に所属する学生の4年間の100m平均タイムは,クロールで1:58.05, 平泳で2:29.88,12分間泳は500.3m (クロール), 474.6m (平泳)であった.2)2種目ともに女子学生より男子学生は,泳力がすぐれていた.3)他のスポーツ系学部の男子・女子大学生は,大阪産業大学スポーツ健康学科学生より速く・遠く...

書籍等出版物

 
 

講演・口頭発表等

 
 
齋藤 好史   佐藤真治   田中史朗   
大阪体育学会第54回大会   2016年3月13日   
 
齋藤 好史   西澤   晃希   
2013年日本水泳・水中運動学会年次大会   2013年11月2日   

所属学協会

 
1981年
 - 
現在
日本体育・スポーツ・健康学会
1981年
 - 
現在
日本体力医学会
1981年
 - 
現在
日本バイオメカニックス学会
1981年
 - 
現在
日本運動生理学会
1984年
 - 
現在
大阪体育学会

その他

 
 
シンポジスト滝口隆司(毎日新聞大阪本社運動部部長)・齋藤好史(大阪体育学会理事長、大阪産業大学スポーツ健康学部学部長、元1984年ロサンゼルスオリンピック水球日本代表主将)・梅垣明美(大阪体育大学教授)が登壇し司会 甲斐知彦(関西学院大学人間福祉学部人間科学科教授)でシンポジウムに参加した
 
 
我が国のスポーツ政策の動向-2020オリンピック・パラリンピックの開催に向けて-森岡裕策氏(文部科学省)スポーツ青少年局スポーツ振興課長)の基調講演後、船渡和男氏(日本体育大学教授)「東京都中学・高校選手育成に向けた大学連携による医科学サポート事業」・上田栄治氏(公益財団法人日本サッカー協会理事・女子サッカー副委員長)「オリンピックでメダルを」・寺川綾(ミズノスイムチーム)「アスリートの立場から」を迎えシンポジウムを行い司会を担当した。