言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

スポーツ健康学科

研究者リスト >> 國本 明德
 

國本 明德

 
アバター
研究者氏名國本 明德
 
クニモト アキノリ
URL
所属大阪産業大学
部署スポーツ健康学部スポーツ健康学科
職名准教授
学位修士(体育学)(鹿屋体育大学)
科研費研究者番号60529981
J-Global ID200901043813208635

研究分野

 
  • ライフサイエンス / スポーツ科学 / スポーツ科学

学歴

 
1992年4月
 - 
1994年3月
鹿屋体育大学 体育学研究科 体育学専攻(社会体育学コース)
 
1992年4月
 - 
1994年3月
鹿屋体育大学 体育学研究科 体育学専攻(社会体育学コース)
 

論文

 
 
北村 尚浩   松本 耕二   國本 明德   仲野 隆士   
体育学研究   50(1) 37-57   2005年1月   [査読有り]
The purpose of this study was to measure the organizational commitment of sports volunteer and to obtain some ideas for organization management. The questionnaire used for the study was designed for, and the data collected from, 242 volunteers par...
 
松本 耕二   北村 尚浩   國本 明德   仲野 隆士   
山口県体育学研究   (47) 13-22   2004年4月   [査読有り]
 
松本 耕二   國本 明德   北村 尚浩   仲野 隆士   
山口県体育学研究   (46) 11-20   2003年4月   [査読有り]

MISC

 
 
野川 春夫   國本 明德   桜井 学   工藤 康宏   
実践女子短期大学紀要   (24) 91-107   2003年3月   [査読有り]
 
國本 明德   谷口裕美子   工藤 康宏   三島 和康   
平成12年度 研究紀要   (37) 173-180   2001年3月   

書籍等出版物

 
 
編著者, 川西正志, 野川春夫, 分担執筆者, 國本明德(担当:分担執筆)
市村出版   2012年10月   (ISBN:9784902109290)   
本書は「生涯スポーツ」をあらゆる視点から論じており,総じて生涯スポーツの各論をより実践的な内容にして網羅しているものである.そのため,体育・スポーツ系や健康福祉系の大学生から地域のスポーツ指導者,行政の生涯スポーツ担当者にも理解しやすい入門書となっている.また生涯スポーツ領域の広がりと新たな進むべき方向性や研究課題が示され,今後の生涯スポーツの振興と発展において実践的に役立つものとなっている.
 
編著者, 間宮聰夫, 野川春夫, 分担執筆者, 國本明德(担当:分担執筆)
市村出版   2010年10月      
 
監訳者, 川西正志, 野川春夫, 分担翻訳者, 國本明德(担当:共訳)
市村出版   2010年2月      
日本が見本としてきた100年以上の歴史を持つヨーロッパのスポーツクラブは、複雑かつ多様な文化的歴史的土壌の中で、どのような発展過程を辿ってきたのか。そして今日、どのような課題を持ち変貌しようとしているのか。本書はこの点について、11ケ国のヨーロッパ諸国に関する13の論文の中で、スポーツ社会学者が比較文化的視点から明らかにしている。伝統と文化に支えられたヨーロッパ諸国のスポーツクラブに学ぶべき点は、一言でいえば「誇りと豊さ」である。本書は、今後の日本人の地域スポーツクラブを核としたクラブライ...
 
監訳者, 野川春夫, 永田幸雄, 分担翻訳者, 國本明德
サイエンティスト社   2001年11月      

講演・口頭発表等

 
 
 
全国大学体育連合近畿支部講演会 シンポジウム:近畿の大学体育を鳥瞰する-教養と専門-   2010年6月12日   
 
松本耕二   仲野隆士   國本明德   
日本生涯スポーツ学会・日本運動処方学会合同大会   2009年9月4日   
 
松本耕二   仲野隆士   國本明德   
日本生涯スポーツ学会 第10回大会   2008年10月18日   

所属学協会

 
1992年
 - 
2021年
日本体育学会
2021年
 - 
現在
日本体育・スポーツ・健康学会
1994年
 - 
現在
日本スポーツ社会学会
1999年
 - 
現在
日本生涯スポーツ学会
2007年
 - 
現在
イベント学会

研究テーマ