言語の選択:
大阪産業大学研究者データベース

  研究者データベース

 Researcher Database
 

国際学科

研究者リスト >> 新矢 麻紀子
 

新矢 麻紀子

 
アバター
研究者氏名新矢 麻紀子
 
シンヤ マキコ
URL
所属大阪産業大学
部署国際学部国際学科
職名教授
J-Global ID200901053925655877

経歴

 
2017年4月
   
 
大阪産業大学 国際学部国際学科 教授 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
大阪産業大学 教養部 教授 
 
2007年4月
 - 
2014年3月
大阪産業大学 教養部 准教授 
 
2006年4月
 - 
2007年3月
大阪産業大学 教養部 助教授 
 
2005年4月
 - 
2007年3月
放送大学大学院 文化情報科学群 客員助教授 
 

学歴

 
 
   
 
大阪大学 人間科学研究科 
 
 
   
 
大阪大学 文学研究科 英文学専攻英語学講座
 
 
   
 
大阪大学 人間科学研究科 英文学専攻英語学講座
 
 
   
 
大阪大学 人間科学研究科 英文学専攻英語学講座
 
 
   
 
大阪大学 文学部 文学科
 

論文

 
 
向井留実子   新矢麻紀子   高橋志野   
ジャーナルCAJLE   vol.17 44-62   2016年7月   [査読有り]
本稿の目的は、国際結婚移住女性の書字言語習得の課題を示すとともに、X地域を事例として、その解決の方策を検討し、新たな提案を行うことである。筆者らがX地域で実践している国際結婚移住女性を対象とした漢字教室では、教室への継続的参加者が少ないこと、継続的参加者の中に、漢字を書きたいと希望していながら、書字に抵抗を感じている者がいることなどの問題が生じていた。そこで、参加者が日常どのように書字言語処理を行っているのか、仲介者の利用があるのか等を調査したところ、家族や友人の関与のしかたが漢字教室の参...
 
新矢麻紀子   
『プロジェクト共同研究「福祉・人権概念の展開と歴史認識の転換」』第6章、産研叢書   (38) 113-130   2015年8月   [招待有り]
 
向井留実子   新矢麻紀子   高橋志野   
『教師の役割・授業の再考―多様化する日本語学習を背景に―』CAJLE2015 Proceedings   183-191   2015年8月   
 
新矢麻紀子   
日本語プロフィシェンシー研究   (2) 96-115   2014年4月   [招待有り]
 
新矢麻紀子   
『大阪産業大学論集 人文・社会科学編』   (17)    2013年2月   [査読有り]
「生活者としての外国人」の日本語の課題のなかで最近重要性が認識されてきた書字言語に焦点を当て、現在の日本語教育学における一般的な文字教育の内容と方法を地域日本語教室で用いることを批判的に検討し、オルタナティブとも言える地域日本語教室の事例を機能的識字、成人基礎教育という視点から考察した。そして、「地域日本語教室」という日本語学習支援の場が果たせる役割や存在意義を示し、「生活者としての外国人」、即ち定住外国人にとって望ましい文字学習支援の理念や方法を提示した。

MISC

 
 
エリック・ジェイコブソン著   新矢麻紀子   
部落解放研究 205号(特集 識字・基礎教育保障の動向と課題)   (205) 182-192   2016年10月   [招待有り]
 
新矢麻紀子   
さらなる広がりと充実を―夜間中学生・韓国文解学習者との交流   65-69   2014年11月   [招待有り]
 
新矢麻紀子   山田泉   法政大   岩槻知也   三登由利子   
『大阪産業大学論集 人文・社会科学編』   (15) 41-67   2012年5月   
移民の受入れと,それに伴う移民政策が急速に進んできている韓国。そこに,筆者らの研究グループ「日本語教育保障法研究会」は科学研究費補助金によって2009年より3か年にわたって赴き,移民関連施策や移民への生活・教育支援に関する調査を行ってきた。本稿は,2011年9月に実施した第3回目となる現地実態調査の報告前編であり,2009年度調査の報告書から通算して第5号にあたる。
 
佐藤 潤一   新矢 麻紀子   大谷 晋也   春原 憲一郎   
大阪産業大学論集. 人文・社会科学編   15(15) 69-97   2012年   
移民の受入れと,それに伴う移民政策が急速に進んできている韓国。そこに,筆者らの研究グループ「日本語教育保障法研究会」は科学研究費補助金によって2009年より3か年にわたって赴き,移民関連施策や移民への生活・教育支援に関する調査を行ってきた。本稿は,2011年9月に実施した第3 回目となる現地実態調査の報告後編であり,2009年度調査の報告書から通算して第6号にあたる。本稿は,本研究全体の概略及び韓国現地実態調査の概要(第1章),「ソル・ドンフン氏」(第2章),「法務部(法務省)」(第3章)...
 
新矢麻紀子   山田泉   春原憲一郎   
大阪産業大学論集 人文・社会科学編   (13) p.115-140   2011年10月   

書籍等出版物

 
 
西口光一監修, 新矢麻紀子, 古賀千世子, 高田亨, 御子神慶子著(担当:共著)
スリーエーネットワーク   2017年3月7日   (ISBN:9784883197446)   
 
西口光一監修, 新矢麻紀子, 古賀千世子, 高田亨, 御子神慶子著
スリーエーネットワーク   2014年4月      
 
西口光一監修, 新矢麻紀子, 古賀千世子, 高田亨, 御子神慶子著
スリーエーネットワーク   2014年2月      
 
 
新庄あいみ, 新矢麻紀子, 永井慧子, 御子神慶子, Woo Wai Sheng
アルク   2011年1月      

講演・口頭発表等

 
 
Makiko Shinya   
TESOL Talk   2017年2月9日   San Francisco State University   [招待有り]
日本におけるマイノリティに対する識字教育の歴史と現在の状況、そして、発表者が近年実施している、移住外国人女性のリテラシーの実態と彼女たちへの教育のあり方について行ってきた研究について、社会正義と公正性という視点から分析し、それを報告した。

所属学協会

 
2016年8月
 - 
現在
基礎教育保障学会
 
   
 
日本比較文化学会
 
   
 
大学日本語教員養成課程研究協議会
 
   
 
日本教育社会学会
 
   
 
移民政策学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
日本における成人基礎教育を展望する被差別部落の識字活動に関する実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
森 実 上杉 孝實 岩槻 知也 新矢 麻紀子 菅原 智恵美 棚田 洋平 岡田 耕治 
研究期間: 2021年4月 - 2024年3月
 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
東アジア先進国における基礎教育保障モデルの構築にむけた日韓比較研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
添田 祥史 森 実 新矢 麻紀子 長岡 智寿子 金 侖貞 肥後 耕生 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月

共同・受託研究希望テーマ