電気電子情報工学科

岩田 明彦

イワタ アキヒコ  (Akihiko Iwata)

基本情報

所属
大阪産業大学 工学部電気電子情報工学科 教授
学位
博士(工学)(福井大学)
経営管理修士(MBA)(関西学院大学)

研究者番号
80562339
J-GLOBAL ID
201901014888496650
researchmap会員ID
7000028796

論文

 51
  • 岩蕗 寛康, 岩田 明彦, 森本 茂雄
    電気学会論文誌D、2023年3月 144(3) 140-148 2024年3月1日  査読有り
  • 岩蕗寛康, 民田太一郎, 岩田明彦, 森本茂雄
    電気学会論文誌D 143(3) 228-235 2023年3月  査読有り
  • 民田太一郎, 岩蕗 寛康, 岩田 明彦
    電気学会論文誌A AVol.142(No.3) 2022年3月  査読有り
  • 岩蕗寛康, 民田太一郎, 岩田明彦
    電気学会論文誌D 140(3) 194-201 2020年3月  査読有り
    高周波電圧型インバータにPDM 制御を適用した放電レ ーザー用パルス電源を開発した。まず,非線形な放電負 荷に安定的に電力を供給するための回路構成について検討した。次にレーザーの出力安定性に着目して,レーザーガスの上準位緩和速度とバースト周波数の関係につい て検討し,PDM 制御のためのバースト周波数設定方法と,それを実現する制御回路の構成について検討した。 最後に放電実験を実施し,放電の部分点灯,放電の乱れ,およびストリーマ放電がないことを確認した。
  • Hiroyasu Iwabuki, Taichiro Tamida, Akihiko Iwata
    IEEJ Transactions on Industry Applications 140(3) 194-201 2020年  
    We examined the application of the pulse density modulation (PDM) method to a high-frequency voltage-source inverter for dielectric barrier discharge (DBD). The inverter consists of a full-bridge inverter, step-up transformer, and resonant circuit, and the high-frequency output is supplied to a pair of dielectric electrodes. It is characterized by applying the PDM method to inverter control, and burst controlling the inverter. In this paper, we first describe the specifications and circuit configuration required for a high-frequency voltage-source inverter. Next, we describe the concept of burst frequency setting as a new parameter and the method of constructing a pulse-generating circuit. Finally, a discharge test by prototype inverter is carried out, and it is demonstrate that discharge is stabilized by using PDM.

MISC

 14
  • 岩田 明彦
    システム・制御・情報 = Systems, control and information : システム制御情報学会誌 66(12) 470-475 2022年  
  • 岩田明彦, 大井健
    三菱電機技報 Vol.91(No.7) 368-372 2017年7月  
    三菱電機では家庭・オフィス,社会,工場向けのパワエレ関連製品の製造・販売を行うとともに,それらの技術全般の開発を進めている。SiC(シリコンカーバイド)などワイドバンドギャップ半導体の普及、ジュラーマルチレベル変換器、永久磁石同期電動機の位置検出器レス制御、蓄電池はエネルギーマネジメント、そしてインテグレーション技術について総括している。
  • 藤岡弘文, 松野繁, 岩田明彦
    三菱電機技報 Vol82(No4) 275-278 2008年4月  
    太陽光発電システムの普及拡大に向けては,発電コストの更なる低減が求められており,そのキーとなる技術が太陽電池セルの発電効率向上とパワーコンディショナの電力変換効率向上である。三菱電機では多結晶シリコン太陽電池セルで世界トップレベルの最高変換効率18.6%を実現した。また、階調制御型インバータ技術を適用したパワーコンディショナで業界トップの電力変換効率97.5%を実現した。
  • 岩田明彦, 畠山善博, 山田正樹, 石井康裕, 森修
    三菱電機技報 Vo.79(No.7) 439-442 2006年6月  
    階調制御型インバータの基本構成と動作について述べるとともに,パワーエレクトロニクス機器の実用化するための課題と対策について述べる。さらに,電力品質改善のための瞬低保護装置や無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply:UPS)への応用例についても述べる。

書籍等出版物

 6
  • 岩田明彦
    月刊車載テクノロジー,2023年11月号 2023年11月
  • 岩田明彦 (担当:分担執筆, 範囲:第6章の5、電動航空機とパワーエレクトロニクスの展望)
    シーエムシー出版 2021年8月 (ISBN: 9784781316130)
  • 岩田明彦
    技術情報協会研究開発リーダ 2010年
    階調制御型インバータ技術の研究を振り返り,アイデアの着想から製品化までの研究開発の進め方や気をつける点を述べた。階調制御型インバータ技術は,色の諧調制御をパワーエロクトロニクスの世界に持ち込んだ,異分野間の融合から生まれた技術の芽であった。視点を変えれば新しいアイデアが生まれてくることを述べた。
  • 岩田明彦
    The Invention 2010年
    階調制御型インバータの発明について、その経緯と効果を解説した。高効率化が必要となる社会の中で、PWM型に比べてロスの少ない階調制御型インバータの構成と動作を説明した。
  • 岩田明彦
    電設技術 2009年
    スイッチング損失の低減,電磁ノイズの抑制などの実現に期待される階調制御型インバータの基本構成と動作および特長を説明するとともに,実用化に際して必要な制御技術について解説した。また,瞬低保護装置や無停電電源装置,ならびにPWM制御との併用による波形の高精度化に関して述べた。

講演・口頭発表等

 117

所属学協会

 5

産業財産権

 215
  • 菅原 正宏, 藤原 賢司, 岩田 明彦, 福本 久敏
  • 原田 圭司, 水谷 周平, 岩田 明彦, 高田 雅樹
  • 藤原 賢司,福本 久敏,竹上 智己,小島 鉄也,岩田 明彦,菅原 正宏,小林 宙,西山 万里,西沢 啓
  • 藤原 賢司, 岩田 明彦
    リアクトルを用いないDCDCコンバータに関するものであり、複数の単相インバータを直列に接続し、それらの電力収支をゼロとなるよう制御すると共に、直流電源の電圧に単相インバータの交流側の電圧を加算して出力することで昇圧動作を得る。その中で複数の単相インバータの2つ直流電圧は同じ値となるよう制御される。
  • 三相インバータの各相に単相インバータを直列に接続した階調制御インバータの初期充電回路の簡素化に関するものであり、三相3レベルインバータがパルス電圧を出力して、単相インバータ及び出力フィルタを介して流れる出力電流で単相インバータの直流コンデンサを充電し、出力電流が過電流とならぬよう、三相3レベルインバータが出力するパルス電圧のパルス幅とパルス周期を制御する。

社会貢献活動

 3

研究テーマ

 1
  • 研究テーマ
    パワーエレクトロニクスおよび応用装置の研究
    研究期間(開始)
    2019/04/01